2013年11月14日

要支援の給付、右往左往?

介護保険認定の「要支援」を市町村に移管
するという案を、厚労省としては見送ると
いう記事が載っていました。

ただし「全て」ではなく、要支援の介護給付
の6割にあたる訪問介護とデイサービスに
関しては市町村に移し、その他のサービスは
現行のままにする、と。

これまたややこしいというか、利用側も
ケアマネジャーも手続きが繁雑になりそうな
気がします。

当社も京都でデイサービスを運営していま
すが、一番需要の多いデイサービスは、
公的介護保険スタート時から、一番変化を
遂げてきており、その用途の広がりは違う
サービスともとれるくらいです。

この部分をもっと今後カテゴリーごとに
細分化していってもいいように感じます。
レスパイトケア要素の高いデイと、本人の
意思により機能改善や他の目的をもった
デイでは、似て非なるもの。

自ずと国(全国共通)主導の必要性がある
ものと、地域に特性をまかせていいものに
分かれてくるような気がします。

そういう点では、施設サービスも然りですね。
ちょっと前に書いた「住宅施策(補助)」
もそうですが、社会構造も人々の意識も
変化し続ける中、もっと制度は柔軟性を
もってもいいように思いますね〜。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html

posted by もも at 21:23| 日記

2013年11月13日

特養ホームが50万人分に

厚労省の平成24年度のデータによると、
特養ホームは、全国で50.7万床となり、
50万人分を超えました。
この2年ほどで急に増えてきたようです。

要介護人口の増加に比例しているわけでは
なく、まだまだ不足はしているといえる
でしょう。日本も北欧・欧州にならい、
住宅施策に移行しつつあります。
高齢者住宅+介護サービス。

しかしまだまだ整備は追いつきません。
住宅施策を充実させたとしても介護施設は
最後の受け皿として必要。

この50.7万床ですが、65歳以上の高齢者人口
対比で考えると1.6%程度で、北欧などの
5%〜6%に比べるとかなり低い状況です。
仮に80歳以上という介護認定率がかなり高い
年代人口対比で5.5%。

しかし要介護状態は年齢だけでは判断でき
ません。やはりまだ不足感はぬぐえないですね。

民間サービス(施設・住宅)を利用する
ことも頭に置いて老後設計をすることが
重要ですが、そこには資金力がつきもの。

老後格差は今後益々広がっていきます。
若い世代は自助努力で老後資金を確保し、
中年期以降は、しっかりと老後の住まい設計
を考え、知識とシミュレーションが大切です。

「特養が増えた」と喜べません。
その増加に追い付かない要介護人口の増加が
あるのですからね。

まずは、介護予防がもっとも大切です。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 20:08| 日記

2013年11月12日

どうなる?日本版IRA

週末はいろいろ気になる記事があったのですが、
これも注目です。日本版IRA。
アメリカのリタイアメント・プランを見ていると
必ず出てくるIRA。個人退職勘定、私的年金ですね。

しかし来年からNISAも始まります。
金融リテラシーがまだまだ定着しない日本で
これらの違い(メリット・デメリット)を
きちんと教育していけるかも大きな課題です。

新聞ではIRAの導入を、個人金融資産を貯蓄
から投資へと位置付けていますが(NISAも
同様)、なんとなく崩れゆく公的年金から
自己責任のNISAなりIRAなりにシフトしていく
(責任転嫁ともいえる?)ようにも感じます。

それにしても、NISAも当初日本版ISAといわれ
日本のISAということでNISAになりました。
IRAは、同様にNIRAとかになるのでしょうか。
ニーサとニーラ、ああややこしい(-_-;)。
なんだかロシアの双子みたいなイメージです(^_^;)。

しかし、現段階の案では年間120万円まで
非課税というのはすごい。ざっと計算で
12万円の節税効果がありますね。
それから、NISAも期間延長論が。
まだ始まっていないのに(^_^;)。

また、証券取引所では来年初から新しい株式
指標をスタートするとか。JPX日経400という
のだそうですが、日経平均(225)、TOPIX
と並んで、メジャー指数になるでしょうか。

我が国も、いよいよ1100兆円の借金が目の前
に迫ります。国の焦りが見えるような気がします。


★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html

posted by もも at 18:38| 日記

2013年11月11日

看護師の医療行為解禁へ

急に寒くなりました(>_<)、冬到来?!

今日は介護の日です。
私が連載させて頂いている読売新聞(首都圏)
の朝刊にも8日・9日と両日にわたって特集が
組まれました。

さて、週末、看護師の医療行為についての
改正案が出ていました。
医師の具体的な指示がなくても、気管挿管や
点滴、抗不安薬を飲ませるなど医師がしてきた
41の行為を「特定行為」と位置付け、研修等
を受けた看護師が判断して対処できるように
するそうです。
2015年度の施行を目指します。

医療従事者不足のおり、画期的な制度だと
思います。個人的には、研修だけでなく
学科試験も行ってほしいような気がしますが…

北欧やヨーロッパの一部では、同様に看護師
も一部医師の代わりができるようになって
います。特に欧州はGP(家庭医制度)が基本
でもあるため、看護師の地位がとても高い
ようです。

日本でもヘタな(?笑)お医者さんより
肝の据わったベテラン看護師さんのほうが
ずっと頼りがいあると感じる時もあります。

一定の(高いレベルの)基準をクリアした
看護師には、ある段階の状態にある患者
(特に高齢期の看取りなど)への対応を
まかせられるようになればと感じます。

その分、在宅医療を充実化できれば。

もちろん、さまざまな課題もあるでしょう。
しかし、まだまだ高齢人口が増える日本
(および先進諸国)は、臨機応変な施策を
スピーディに行っていかねばならないですね。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html

posted by もも at 20:18| 日記

2013年11月08日

有老ホームとサ高住の違い

1日遅れですが、昨日は高齢者の住まい
見学講座でした。もう常連さんもおられる
ようで(^_^;)、皆さん勉強熱心です。

今まで「自立型」有料老人ホームに見学
に行っていましたが、今回は先月開設した
ばかりのサービス付き高齢者向け住宅に
ご協力いただくことができたので、すでに
ご入居者がいる中、お邪魔させて頂きました。

131107_1.jpg

サ高住といっても介護型なので、今までの
見学内容と異なります。自立も入居可ですが
作りは介護型で実際ご入居されている方も
全員認定者です。

不思議だったのは、最後の質疑応答がいつに
なく真剣でした。中にはご家族の介護の必要
のある方もおられたのですが、ほとんどの方
が「自分のため」。自立型を探しているものの、
皆さん住み替えの目的は将来の介護なので、
今回の介護専用施設を見ることで、ぐんと
身近に感じたのでしょうか。

受講生の多くは「有老ホームとサ高住の違いが
相変わらずわからない」と言われていましたが、
サ高住現場に行き、担当者にも話を聞き、
「ようやくわかりかけてきた」と明るい顔に
なっておられました。

介護の対応、将来重度化した際の対応、
それぞれのメリット・デメリットが少しずつ
体感できるようになってきたみたいです。

やはり現場はとても大切。
また改めてもう一度家族と見学に来たいと
いう方も。今回の運営事業者は医療・介護
の大きな社会福祉法人なので、バックボーン
への期待も大きいようです。

40室のサ高住ですが、食事のチョイスも
可能でした。今回はちらし寿司ランチで
皆さん「美味しい!」と連呼でした(^o^)。

131107_2.jpg


★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 18:16| 日記