2013年11月07日

日本の高齢者に住宅補助施策はありえるか?

1年前の豪州視察報告書が先日届きました。

131106.jpg

ちょっとこの派手な表紙が意外と好きです(^_^)。
この中の2視察先を私も原稿担当しているの
ですが、あらためて読み返していると1年前の
複雑だった豪州の介護・住宅施策が思い出され
ました。

他国の仕組みは難しいと感じますが、他国から
すると我が国の制度も相当理解に苦しむでしょうね。
だって、日本人でさえよくわかってない(^_^;)。

豪州では在宅と施設のサービス。
施設はHighとLow、在宅は介護度に応じて
数段階に分かれているのですが、振り返ると
わかりやすい。

そして、老若男女に関わらず「住宅補助」と
いうシステムが行き渡っている。
なので、「住まい」で戸惑うことはあまりない
と考えられます。

日本の場合、生活保護を含む一部の特殊な層が
対象となるのが住宅施策。
しかし、これから特に高齢期は「住宅」の問題
は大きくなっていくでしょう。

国は「ケア付き住宅(仮)」なる低所得者向け
の住宅開発を進めるようですが、現物主義施策
ですね。

確かに「住宅手当」の対象を選定するのは
難しい。現金給付だと正しく住宅に使われるのか、
不正に繋がらないか、いろいろ懸念材料もある。

日本は人口が減少していくので住宅自体が
不足はしないのですが、その人が暮らすに適する
住まいが充実するかどうかは大きな課題です。

住宅補助、金銭的補助なのか現物補助なのか、
これからの日本の動き、どうなるでしょう。

来週末から3年ぶりに再びデンマークへ飛びます。
3年でどれくらい変わっているでしょうか。
また現地からもレポートしたいと思います。


★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 20:13| 日記