2014年04月07日

高齢者の目標はその上の高齢者?

週末はちょっと寒さが戻りましたが、我が家の
近所は桜満開でした。観光客も多かった。

140407.jpg

週末母と電話で話したのですが「私はもう
しんどいって絶対言わない」と言う(^_^;)。
なんでかというと、先般、聖路加病院の
日野原先生が和歌山まで講演に来られて
話を聞きに行ってきたのだそうです。

50分間、ずっと立ったままで声にもハリが
あり、102歳と4ヶ月、自分がしんどいとか
言って怠けてる場合ではない!と実感した
らしい(^_^;)…。

まあなんにでもすぐ感化されるので、時間の
経過とともにすっかり忘れているとは思い
ますが…。

しかし、弊社の情報誌「もも百歳」も毎回
90歳超の元気高齢者インタビューを行って
いますが、読者の反響は大きいです。
弊誌読者の平均年齢はおそらく60代後半の
半ばくらいです。自分は高齢期になっている
けど、もっとその先の大先達(笑)を目の前
にして、怠けてられん、ということですね。

高齢期になると、特殊な能力やスキルを別に
して、その土台となる「体力」が誰しも
「老化」していく。若干の個人差はあれども
ハツラツと生きるかどうかは、「気力」も
大きいと感じます。

折しもちょうど、安藤百福氏の伝記を読んだ
ところだったのですが、96歳で没でしたが、
直前まで普通に会社に出社したりゴルフしたり
していたそうです。
ホントにぴんぴんころり、を地で行ってます。

わが身を振り返ると、日野原先生のまだ半分
以下ですけど、気が老化してますね(^_^;)、
元気に最期まで生きなければ。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 18:27| 日記