2014年04月14日

高齢世帯、20年後の日本は

週末、新聞の一面に高齢世帯4割越!の記事が
載っていました。

2035年の推計ですが、全国41都道府県で
高齢世帯が4割を超えると。
さらに、そのうちの独居高齢者の割合も
46都道府県で3割越えだとか。個人的には
3割よりもっと多くなる気がしますが…

なかでも、最高値が秋田県の52.1%。
山形、青森などがほぼ50%近く、東北地域で
特に高齢者世帯割合が高くなります。

一方で、今はまだ比率が少ないものの今度
20年で急激に増加する増加率の大きいのは
東京、神奈川、埼玉、愛知など大都市です。

国は住宅整備の方向ですが、住宅という
ハードだけでは対策とは言えないのでは。
といって、手厚い介護は人材的にも財源的
にも無理です。

「頼らない教育」と「医療の在り方」も
これからは重要と感じます。
人間は本来尊厳を持って生きているもの。
それを、どこかで取り上げる教育をして
きたのではないだろうか…

特に日本人は自立の矜持が高い人種では
なかったかと思います。

その一つに「死」を悪いのものにしない、
死の教育も大切では。
この「最期」の部分が歪んできているので、
世の中おかしなことになっているように
感じます。

高齢化が悪いのでもなく、高齢世帯の増加が
課題でもなく、いかに人間として生き、死ぬか。
誰もが考える時期ではないですかね〜。


★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニ生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』 --
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 19:28| 日記