2014年12月01日

来年の介護保険改正、さてさて

先日の新聞に来年の介護保険改正の
まとめが載っていましたが、特養ホーム、
デイサービスの基本的な費用(介護報酬)
は下がる傾向です。

もちろん利用者は1割負担も下がる、と
いうことですが、そう簡単な話ではなく
基本は下げて「加算」がある。
さらに「自己負担」の部分もある。

一般の人には、この加算、減算、自費、
公費の区別は非常にわかりづらいです。
税制度と同じで、介護保険はどんどん
複雑になり、サービスを受ける利用者が
もっとも「ワケわかんない」状態では(^_^;)。

基本料金(事業者の収入となるべき部分)
は下がりますが、介護職員の報酬となる
部分は上げましょう、と。
結果的に利用者の支払う分は合計では
上がるかもしれないです。
しかし、事業者の儲けになるのではなく、
介護職員への給与へ。
基本的な考え方はわかりますが、一律で
やっていけるのかどうか、、、疑問も
ありますね。

特養ホームは介護費用の部分は下がっても
大部屋の家賃相当分を今まで介護保険で
賄っていた部分を自費にしますので、
結果的に1.5万円も上がります。

このあたりは、もっと一般人にわかる
ようにお知らせが必要ですね。

最近、セミナー等で来年の介護保険
改正の話をしていると、皆さん一様に
顔をしかめて(^_^;)、イヤそう〜に
されますが、「そう心配しなくても
簡単に特養には入れないので、大丈夫」
と申し上げます。そうするとニッコリ。

いいのか、悪いのか…(^_^;)

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニア生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』--
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 13:46| 日記