2014年12月29日

2015年、厳しさをふまえて生活設計を

今年も残りあと少し。
明日は、平成27年度税制大綱が公表されると
言われています。ほぼ改革案はニュースに
なっていたのである程度覚悟(^_^;)できるものの
最後の大詰めでどうなるでしょうか。

その中でも高齢期の生活の根幹にかかわる
年金に、いよいよマクロ経済スライド発動
ということです。
調整率1%という試算。あら?いつのまにか
0.1%増えてません?(^_^;)

本当はこんな計算じゃないですが、単純に
計算すると・・・
年金を10万円もらっている人。
翌年2%(BOJの目標値)物価が上昇したら
従来は物価上昇に合わせて年金支給額も
上がっていましたが、上昇分から1%マイナス
して支給しますということ。

本来 10万2千円
→ 調整後 10万1千円

実質目減りということですね。
これは単純に1年だけの話だと問題ないですが、
10年続くとダメージは1割。大きいです。

年金世代だけの話ではなく、我々現役世代
の将来受け取る額も同様です。
誕生日に来る「ねんきん定期便」毎年
チェックしていると、なぜか減額になって
いませんか(^_^;)?掛け金増えてるのに…

個人的には将来の社会保障は悲観です<(`^´)>
私が老人になったころ(^_^;)、介護保険制度は
破たんしているとさえ思います。
そんな中で、どのように自分の人生を
送っていくのか。安穏としてられないです。
来年は、厳しさを本当に実感する年のスタート
と思います。気を引き締めていきましょう。

※弊社は本日が年内最終日となります。
 来年は5日(月)から始まります。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニア生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』--
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html
posted by もも at 09:38| 日記