2015年03月02日

高齢期の不調、薬をチェック!

なんと3月です(^_^;)。時間の経過が早い…

週末、実家の母と電話で話したのですが、
「すごぶる元気で、ご機嫌だわ」
と言います(^_^;)。声が元気!
ありがたいことです、もちろん(^_^;)!

話をさかのぼると、血圧の薬を常用しており
どうも効きすぎなのか、上が100以下になって
しんどい、とのこと(前回のTEL迄幾たびか)。
主治医(自宅から近い一応町内で一番大きい
病院)に訴えても「この薬がいいです」と
言い続けられ、隣町に住む叔父(母の実家)に
相談すると違う医者を紹介されたとのこと。

そして薬を変えた途端、一体今までの不調は
何だったのか?!と思うほど心身ともに
ハツラツなのだそうです(^_^;)。

また、かつて仲良しだった母の同年代の友人が
凶暴な認知症になってしまったということ
だったのですが、やはり主治医と薬を変えると、
なんとほぼ元通りに!
思わず、その友人と話し込んだそうですが、
なんと薬のコワイことか!

私の崇拝する長尾先生はじめ、ずっと昔から
町医者の先生は薬の副作用の怖さを書籍など
でも解説しています。

まさしく、こういうことか!と実感しました。
特に昨今は、認知症の症状がひどくなる、
認知症じゃないのにそういう症状が出る、と
いったこともよく報告されます。

高齢期、何かおかしいと思ったら薬を疑う
ことが大切だと、実感として思うところです。

★このブログは【もも百歳】のHPに属しています。
-- シニア生活情報誌『もも百歳』:HP『有料老人ホーム百科事典』--
     http://www.momo100.net/

★もも編集室のメルマガ「ズバリ知っておきたい有料老人ホーム」
   http://www.momo100.net/magazine3.html


もも編集室 | Facebookページも宣伝

posted by もも at 10:42| 日記