2015年03月18日

複合型のサ高住について

昨日、新しく開設したサ高住に伺って
きました。社会福祉法人が運営する住宅で
4階建ての建物に様々なサービスが入って
います。

3・4階はサ高住(自立〜要介護)で、
1・2階は地域密着型特養ホーム、ショート
ステイ、デイサービス、クリニック。
3・4階には居宅介護支援と訪問介護の
事務所もあります。

特養は別にして、サ高住の入居者が同じ
建物の中のサービスを利用しながら生活
できるという仕組みです。

これをメリットと端的に判断はできないの
ですが、とりあえず受け皿があるという
点では心理的に安心かもしれません。

一方で、今回の介護保険改正でもさらに
厳しくなっていますが、同一建物の住人に
介護サービスを提供する場合、減算になり
事業者にとってはこれまた辛い(-_-;)。

ただ、昨日お話を伺っていると入居者は
外部のデイに行ったり、外部のケアマネが
担当だったりと、それほど内部だけ使って
いる状態ではないそうです。

そういう点では、まだある程度自分で
何でもできるうちは外部を利用しながら、
最終的に介護度が重くなれば建物内の
サービスを使って、という切り替えは
いいかもしれませんね。

実は最近ちょっと住宅型の仕組みを
見直しているところです(^_^)。

★もも編集室 Facebook
FBももmini.jpg

★サバイバル老後計画 Facebook
FBサバイバルmini.jpg
posted by もも at 13:59| 日記