2015年03月24日

実態と合わない介護サービス?

厚労省の介護報酬改定検証資料が昨日
UPされていました。
ざっと見ていて気になったのが、複合型
サービス(小規模多機能型と訪問看護)の
データです。

事業者への調査で「複合型サービスに
魅力を感じているか?」に、「はい」は
20%しかなく、いいえもしくはどちらとも
が多数を占めていました。また、今後の
開設予定には「予定無し」が95%!

自治体の担当者への調査で、このサービス
を知っているか?に「あまり知らない」が
29%も!どうして介護保険の担当者でも
知らないのでしょう…しかも約1/3.

昨日の資料とは別ですが、前回の改正時に
できた「定期巡回・随時訪問」サービス。
これは、H26年8月時点ですが全国に525
事業所しかありません。
利用の実態調査では、訪問は平均1日2.8回、
1回の時間は約27分。平均ですが…

介護サービスの充実化を企画しながらも
実態は追いつかない上に、利用しづらい
状況。『理想と現実』という言葉が
思い浮かびます(^_^;)。
いまだに机上の空論なんでしょうかね…

さて、WebセミナーVol.3をUPしました♪
今回また趣向を変えてみましたが、後から
チェックすると頭と口が合ってなかったり(-_-;)…
Youtubeもしくはサバイバル老後計画から
どうぞ〜。

FBもも編集室logo_mini.jpg

FBsurvaival_logo_mini.jpg
posted by もも at 13:20| 日記